• きのくに風景讃歌とは
  • お問い合わせ
  • RSS
  • トップ
  • みどころ紀州路
  • ふるさとフォトグラファー
  • 景観まちづくり講座
  • お宝発見ウォーク
  • 景観・まちづくり新聞
  • わかやまワクワク探検隊
  • アーカイブ
  • 景観・まちづくりの関連サイトリンク
  • 溝端コレクション
  • 紀の川流域の文化遺産を活用した地域活性化事業
ホーム >  ふるさとフォトグラファー >  自然 >  廃止される予定の海南火力発電所の遠望

廃止される予定の海南火力発電所の遠望

「関西電力の「海南発電所」は、昭和45年から稼働している原油と重油を燃料とした石油火力発電所で、4基ある発電機のうち1号機から3号機は、すでに、おととしから休止しています。 関西電力では、残る4号機についてもことし3月末で運転を取りやめ、発電所を廃止する方針」 と報道されました。 合計210万KWの発電能力があった発電所も、需要の減少などに伴いう措置だと思いますが、計画当初の地元との調整や大気汚染問題など解決を傍から見ていた者にとっては万感の思いがあります。 これも時代の移り変わりに伴う現実だと思います。 撮影場所: 和歌浦港から 撮影日時: (ふるさとフォトグラファー: ショコラchocolat)

カテゴリ内ページ移動 ( 900  件):     1 ..  3  4  5  6  7  8  9  .. 900    
コメント一覧
Re: 廃止される予定の海南火力発電所の遠望
ボケ老人42号室   投稿日時 2019/1/17 20:57
エネルギーのお話、勉強になりました。
特に、電磁波エネルギーのお話は興味があります。 有難うございました。
Re: 廃止される予定の海南火力発電所の遠望
ゲスト   投稿日時 2019/1/17 15:02
ゲストさんへ
化石燃料から原子力エネルギーへとエネルギー政策の移り変わり。そして再生可能エネルギーへと。
子供のころの夢は宇宙で太陽光発電をした電気エネルギーを電磁波で地球に送ることでした。電磁波が人体に影響がないと高速道路などの舗装の下に電磁波を出す装置を敷き、電気自動車はその電磁波エネルギーで走れるからです。
風力・波動・太陽光・温泉などの熱エネルギー、これからも時代とともにエネルギーは時代とともに移り変わることでしょうね。
Re: 廃止される予定の海南火力発電所の遠望
ゲスト   投稿日時 2019/1/17 14:08
向こうに、風力発電の設備が見えていますが、時代の移り変わりを感じる光景ですね。
新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
パスワード
※削除パスワードは、削除の際に必要となるパスワードです。削除パスワードを入力しないでコメントを投稿すると、後で削除できません。

カテゴリ内ページ移動 ( 900  件):     1 ..  3  4  5  6  7  8  9  .. 900    
地図  [Google Earth] [Google Map]