• きのくに風景讃歌とは
  • お問い合わせ
  • RSS
  • トップ
  • みどころ紀州路
  • ふるさとフォトグラファー
  • 景観まちづくり講座
  • お宝発見ウォーク
  • 景観・まちづくり新聞
  • わかやまワクワク探検隊
  • アーカイブ
  • 景観・まちづくりの関連サイトリンク
  • 溝端コレクション
  • 紀の川流域の文化遺産を活用した地域活性化事業
景観・まちづくり新聞
トップ  >  景観・まちづくり新聞  >  Vol.10(2011/9)  >  和歌山県屋外広告物条例等を一部改正 (平成23年10月1日施行)

和歌山県屋外広告物条例等を一部改正 (平成23年10月1日施行)


和歌山県屋外広告物条例を一部改正し、平成23年10月1日から県内全域(和歌山市を除く。)が
規制地域となります。県内全域を規制地域化したことに伴い、新たに地域特性に応じた区域の
設定を行い、区域ごとにメリハリのある基準の設定をし、併せて時代情勢に応じた基準の設定
を行うため、和歌山県屋外広告物条例施行規則及び条例に基づく告示について一部改正を行い
平成23年10月1日から施行します。
 また、条例改正を契機として違反広告物への指導を強化し実効性を確保します。

 

地域の特性に応じた基準設定及び区域の設定

 

○地域の特性に応じたメリハリのある基準設定
許可地域を地域の特性に応じた3つの区域に細分化を行い、区域ごとにメリハリのある基準の設定を行います。
○地域の特性に応じた区域を設定します。
・禁止地域↓景観の保全が必要な地域
 (例)都市計画法上の第一種低層住居専用地域等、国道311 号沿線、高速道路沿線、あらぎ島周辺、白崎海岸周辺 等
・第一 種地域↓景観への配慮が特に必要な地域
 (例)特定景観形成地域内
 観光地へ向かうアクセスルート沿線 等
・第二種地域↓第1 種・第3 種地域以外の地域
・第三 種地域↓まちのにぎわいが見られる都市部
 (例)都市計画法上の商業地域、近隣商業地域、準工業地域、準住居地域 等

 

時代情勢に応じた基準を設定します。

 

○色彩基準の設定(※新基準)
・禁止地域、第一 種地域については、色彩規制の導入。
・第 二 種、第三種地域については、色彩配慮型基準の導入。(一定の色彩基準に適合する場合は、面積基準を緩和。)
○電光表示広告物の基準設定(※新基準)
最近増えつつある電光表示広告物(LED 等の映像)に対応した基準の設定を行います。
・禁止地域、第一 種地域については、設置の禁止
・第二種、第三種地域については、面積基準の設定

○壁面面積に応じた基準の設定
大規模な店舗が増加傾向であり、壁面広告物に対しては、壁面面積に応じた許可基準を設定。
○総量規制の設定(※新基準)
建築物の延べ面積に応じて、敷地内にある広告物の総量を規制。

 

違反広告物に対する実効性の確保

 

・県と市町村の連携により違反対策を強化

 

作成途中です。  pdfをご覧ください。

 

 

 

カテゴリートップ
Vol.10(2011/9)
次
熊野古道 ちかの「平安の郷」プロジェクト