• きのくに風景讃歌とは
  • お問い合わせ
  • RSS
  • トップ
  • みどころ紀州路
  • ふるさとフォトグラファー
  • 景観まちづくり講座
  • お宝発見ウォーク
  • 景観・まちづくり新聞
  • わかやまワクワク探検隊
  • アーカイブ
  • 景観・まちづくりの関連サイトリンク
  • 溝端コレクション
  • 紀の川流域の文化遺産を活用した地域活性化事業
景観・まちづくり新聞
トップ  >  景観・まちづくり新聞  >  Vol.7 (2011/3)  >  しらす丼を食べよう 湯浅町

しらす丼を食べよう 湯浅町


 しらすと言えば、よく知られた和歌山県の食材ですが、水揚げ量県下1位を誇る湯浅町では、「しらす丼」をご当地グルメとして、観光客へのアピールに力を入れています。 これは「和歌山県のわがまち元気プロジェクト」に採択された湯浅町の「ゆあさ元気プロジェクト会議」が取り組みを行っています。 2月7日から、町内の11店の店頭に「つれもて食べよら 紀州湯浅  しらす丼」の幟(のぼり)を掲げ、販売を開始しました。 それぞれのお店の場所とメニューの特徴・価格が分かるマップも作成されました。 これから春に向けて、観光シーズンの到来と共に、しらすの水揚げの最盛期を迎えます。 地元の期待も大きくなっています。皆様もぜひ一度、湯浅のしらす丼をご賞味に下さい。

 しらす丼マップと幟のデザインは「NPO法人市民の力わかやま」が協力しました。



しらす丼マップ



しらす丼のぼりを掲げたお店が11店オープン


 


 

前
紀州海南ひなめぐり (かいなんにんにこ会)
カテゴリートップ
Vol.7 (2011/3)