• きのくに風景讃歌とは
  • お問い合わせ
  • RSS
  • トップ
  • みどころ紀州路
  • ふるさとフォトグラファー
  • 景観まちづくり講座
  • お宝発見ウォーク
  • 景観・まちづくり新聞
  • わかやまワクワク探検隊
  • アーカイブ
  • 景観・まちづくりの関連サイトリンク
  • 溝端コレクション
  • 紀の川流域の文化遺産を活用した地域活性化事業
景観・まちづくり新聞
トップ  >  景観・まちづくり新聞  >  Vol.6 (2011/1)  >  第2回景観まちづくり講座

第2回景観まちづくり講座


 平成22年12月4日(土)黒江ぬりもの館において、第2回景観まちづくり講座が開催され、10数名の方が参加されました。

和歌山大学の鈴木裕範准教授は「地域資源を活用した町おこし」のテーマで、地域の景観(蔵や町屋等)を資源として見直し、お店として活用、地域の伝統技術、産物をブランド化することで成功した「蔵の町」福島県喜多方市と会津若松市の例を挙げ、黒江の場合にも地域資源の再発見・再評価が大切とまちづくりのポイントを説明されました。


 続いて地元でまちづくりの活動をしている2団体「黒江・温故知新の会」と「にんにこ会」の代表の方から、色々な活動の紹介がされました。


 参加者からは、「大変参考になった。黒江の取り組みも一過性のイベントではなく、根付いたものにして欲しい」と意見が寄せられていました。 次回は田辺市で2月に開催します。

前
古道歩きでまちおこし
カテゴリートップ
Vol.6 (2011/1)
次
2011年2月19日 第3回景観まちづくり講座