• きのくに風景讃歌とは
  • お問い合わせ
  • RSS
  • トップ
  • みどころ紀州路
  • ふるさとフォトグラファー
  • 景観まちづくり講座
  • お宝発見ウォーク
  • 景観・まちづくり新聞
  • わかやまワクワク探検隊
  • アーカイブ
  • 景観・まちづくりの関連サイトリンク
  • 溝端コレクション
  • 紀の川流域の文化遺産を活用した地域活性化事業
みどころ紀州路
ホーム >  みどころ紀州路 >  記事一覧 >  紀南 >  太地町 >  くじらの町太地
くじらの町太地(21 件)
上のカテゴリへ地図表示
並び替え|日時 |ヒット数|現在の並び: 日時 (新→旧)
1 - 10 件目 ( 21 件中)   前 1 2 3
夏山海岸 高ヒット
夏山海岸
2012/3/13 0:25   [ アクセス数: 3744件 ]
 太地町くじら浜公園と森浦湾を挟んだ対岸に「夏山(なっさ)海岸」という風光明媚な浜があります。じつはここは太地町の飛び地になっています。夏山海岸へ行くには、いったん那智勝浦町に入り、湯川温泉ゆかし潟の「きよもんの湯」のところからトンネルを越えて海岸に出ます。 海岸の小山には石段が設けられ、山上には弁財天と「南無阿弥陀仏」と刻まれた六字...
鯨供養碑 高ヒット
鯨供養碑
2012/3/12 23:57   [ アクセス数: 4202件 ]
 太地町内の東明寺境内に、古式捕鯨の時代に太地に建てられたものとしては唯一の鯨供養碑があります。捕鯨に従事していた浜八兵衛という人が明和5年(1768年)に、自家の墓地に穫ったクジラの供養のためにと建立したもので、並んで建つ徳本上人名号碑とともに平成3年(1991年)に今の場所に移設されました。徳本文字といわれる独特の字体で「南無阿弥陀仏」の六字名号...
和田家の岩門 高ヒット
和田家の岩門
2012/3/7 0:12   [ アクセス数: 2871件 ]
 太地町内から灯明崎方面に向かう道路沿いに、山を穿った通路があります。今はコンクリートで巻かれ、町内から海岸に出る通路のひとつとして使われていますが、古来この石門は「和田の岩門(せきもん)」と呼ばれ、太地の古式捕鯨の祖、和田家の通用門でした。『紀伊続風土記』には「和田の岩穴 村の端磯辺にあり 山を切り抜きて門の形をなす」と書かれていま...
漂流人供養碑 高ヒット
漂流人供養碑
2012/3/6 23:51   [ アクセス数: 1711件 ]
 太地町内から上野方面に坂道を上がる途中の道路脇に「漂流人紀念碑」と彫られた古い石碑が建っています。建立年も建立者も不明ですが、明治11年(1878年)12月に起きた「脊美流れ」と呼ばれる、300年も続いた太地鯨方の廃止の原因となった大遭難事件の犠牲者を弔うために造られたもので、平成14年(2002年)に今の場所に移されました。(2012.3.6)
順心寺 高ヒット
順心寺
2012/1/16 18:38   [ アクセス数: 3636件 ]
 太地の街中にある禅宗寺院「順心寺」は太地古式捕鯨の祖、和田家(のちの太地家)の菩提寺として歴代当主の墓所が置かれています。本堂裏手の墓地へ向かうスロープに高さ2mにもなる巨大な六地蔵が並んでいるのが目を引きます。これは延宝5年(1677年)に「網掛突取捕鯨法」を開発し、捕獲頭数を飛躍的に増やした中興の祖である太地角右衛門の息子、二代目角右衛門...
ペンキ塗りの町並み 高ヒット
ペンキ塗りの町並み
2012/1/16 17:48   [ アクセス数: 3311件 ]
 古式捕鯨の時代からクジラの町として知られる太地の街中を歩くと、ペンキ塗りの家屋が多いことに気づきます。太平洋岸の漁師町にはペンキを塗った家が比較的多く見られるのですが、とりわけ太地町では、純和風建築でも軒並みペンキ塗りで、ある調査では80%の家屋がペンキ塗りといわれています。 なぜこうなったのかについては、太地には北米への移民や捕鯨船の...
梶取埼灯台 高ヒット
梶取埼灯台
2011/5/4 3:58   [ アクセス数: 1869件 ]
太地町には、捕鯨の際に利用した山見番所や狼煙場のある岬がいくつかあり、梶取崎もその一つで古式捕鯨狼煙場跡があります。梶取崎灯台の付近は広い芝生広場になっていて、そこに立つ「夫婦いぶき」は、樹齢350年以上で、那智勝浦町の天然記念物に指定されています。また、鯨とともに生きてきた町民たちによって、鯨に感謝し供養する「くじら供養碑」が建立されてい...
鯨骨の鳥居 高ヒット
鯨骨の鳥居
2011/5/4 3:54   [ アクセス数: 2628件 ]
太地港の漁協近くにある恵比寿神社は、漁の守り神である事代主命(ことしろぬしのみこと)をお祀りしている小さな神社です。この神社の鳥居は、マッコウクジラの顎骨でできた「鯨骨鳥居」です。以前は、セミクジラの顎の骨だったそうです。くじらの町太地らしさがうかがえます。(2006.10.9) 恵比寿神社(み熊野ねっと)
燈明崎の燈明台 高ヒット
燈明崎の燈明台
2011/5/4 3:50   [ アクセス数: 2583件 ]
燈明崎の燈明台は、寛永13年(1637年)に日本で初めて建造された、毎晩、常に明かりを灯した灯台です。太地のクジラ漁が盛んになるにつれ、クジラの肉を求めて来る船舶や、荷物を運ぶ廻船などの海上交通も頻繁になってきました。そこで夜間も安全に航行できるように、一晩中灯りの灯っている燈明台が必要となってきました。それには大量の油が必要です。クジラの捕獲...
捕鯨の祖 和田頼元 高ヒット
捕鯨の祖 和田頼元
2011/5/4 3:45   [ アクセス数: 5611件 ]
戦国の世が終わって平和な時代になり、熊野水軍は戦争に行くこともなくなりました。そこで新規開拓事業のひとつとして乗り出したのが捕鯨でした。鎌倉時代からこの地方の名族として知られた和田頼元(わだよりもと)は、慶長11年(1606年)、熊野水軍の戦闘技術に基づいて組織的な捕鯨法を開発しました。手こぎの小舟、数隻でチームを組み、クジラを取り囲み湾に追い...
1 - 10 件目 ( 21 件中)   前 1 2 3