• きのくに風景讃歌とは
  • お問い合わせ
  • RSS
  • トップ
  • みどころ紀州路
  • ふるさとフォトグラファー
  • 景観まちづくり講座
  • お宝発見ウォーク
  • 景観・まちづくり新聞
  • わかやまワクワク探検隊
  • アーカイブ
  • 景観・まちづくりの関連サイトリンク
  • 溝端コレクション
  • 紀の川流域の文化遺産を活用した地域活性化事業
みどころ紀州路
ホーム >  みどころ紀州路 >  紀南 >  古座川町 >  一枚岩 >  一枚岩伝説の守り犬の影

一枚岩伝説の守り犬の影

 国指定天然記念物「古座川の一枚岩」に最近、もうひとつの名物が加わりました。それは毎年4月下旬と8月下旬の2回見るチャンスが訪れる伝説の「守り犬の影」です。

 これは数年前に偶然発見された現象で、日没前の午後5時直前の数分間、一枚岩の大岩壁に犬によく似た影が映ります。一方、一枚岩には昔から犬にまつわる民話と地名があり、この影はその話の元になったのではないか、と発見当初、大変話題になりました。

 

(一枚岩の守り犬の伝説)

「昔、岩が好物の魔物が太地から現れ、岩を食い荒らしながら古座川を遡って行った。虫喰岩やぼたん岩も餌食になって今のような穴だらけの姿にされた。そして魔物がまさに一枚岩に食らいついたとき、運悪く苦手な犬に見つかってしまった。犬は吠えて魔物を追い払い、一枚岩は穴だらけにならずに残された。そして魔物が流した悔し涙が、一枚岩の表面を流れる滝となった。」

 

 この民話は、浦神の虫喰岩、高池の虫喰岩、ぼたん岩、一枚岩と、同じ岩石が22kmにわたって連綿と続く「古座川弧状岩脈(日本の地質100選)」の存在を、昔の人も知っていたことを示し、興味深いものです。なお、犬の影の元になる、一枚岩の対岸の岩山のあたりは昔から「犬鳴(いぬなき)」という地名で呼ばれています。(2011.4.20)

 [ ページアクセス:14459件 ]
カテゴリ内ページ移動 ( 9  件):     1 ..  3  4  5  6  7  8  9  
一枚岩伝説の守り犬の影
※画像をクリックすると別ウィンドウに拡大表示します。
カテゴリ内ページ移動 ( 9  件):     1 ..  3  4  5  6  7  8  9  
地図  [Google Earth] [Google Map]