• きのくに風景讃歌とは
  • お問い合わせ
  • RSS
  • トップ
  • みどころ紀州路
  • ふるさとフォトグラファー
  • 景観まちづくり講座
  • お宝発見ウォーク
  • 景観・まちづくり新聞
  • わかやまワクワク探検隊
  • アーカイブ
  • 景観・まちづくりの関連サイトリンク
  • 溝端コレクション
  • 紀の川流域の文化遺産を活用した地域活性化事業
みどころ紀州路
ホーム >  みどころ紀州路 >  紀北 >  和歌山市南部 >  紀州東照宮 >  矢宮(やのみや)神社

矢宮(やのみや)神社

戦国の世に紀州が生んだ英雄、雑賀孫市(鈴木孫市)が率いる雑賀衆の定紋(家紋)は八咫烏(ヤタガラス)でした。その雑賀衆が拠り所としたのは、雑賀荘の21の村の大産土神の矢宮(やのみや)神社でした。矢宮神社の祭神は賀茂建津之身命(かもたけつのみのみこと)ですが、別名は八咫烏と呼ばれています。八咫烏は神武天皇軍が熊野の地に入って迷われたときに、道案内をした神として知られています。これにあやかって、八咫烏の紋が雑賀衆に使われたものです。
雑賀衆は、織田信長と天正5年(1577年)に戦って勝利しますが、天正13年(1585年)の秀吉との戦いでは社殿は焼き払われてしまったようです。社領も没収されてしまいましたが、徳川頼宣によって社殿が再興されています。(2013.3.18)

 

説明板1

 

 

説明板2

 

 

 和歌山県神社庁

 雑賀衆のリーダー 雑 賀 孫 市(和歌山市)

 孫市の会(和歌山県情報館) 

 

 

 

駐車場あり
所在地和歌山市関戸1丁目2番地
TEL/FAX073-444-0668
 [ ページアクセス:6568件 ]
カテゴリ内ページ移動 ( 4  件):     1  2  3  4    
矢宮神社
矢宮神社・拝殿
※画像をクリックすると別ウィンドウに拡大表示します。
カテゴリ内ページ移動 ( 4  件):     1  2  3  4    
地図  [Google Earth] [Google Map]