• きのくに風景讃歌とは
  • お問い合わせ
  • RSS
  • トップ
  • みどころ紀州路
  • ふるさとフォトグラファー
  • 景観まちづくり講座
  • お宝発見ウォーク
  • 景観・まちづくり新聞
  • わかやまワクワク探検隊
  • アーカイブ
  • 景観・まちづくりの関連サイトリンク
  • 溝端コレクション
  • 紀の川流域の文化遺産を活用した地域活性化事業
みどころ紀州路
ホーム >  みどころ紀州路 >  紀北 >  和歌山市東部 >  紀伊風土記の丘 >  旧中筋家住宅

旧中筋家住宅

中筋家は秀吉の根来攻めの際に逃れてきた僧・文貞坊から始まり、6代にわたって大庄屋を務めました。江戸時代末期の1852年、10代目の中筋良恭の時に建築された大庄屋の屋敷が、現在の旧中筋家住宅です。敷地の東側は熊野古道に面しており、東西約40m南北約57m、敷地面積は2,200m2あります。この中に主屋、3カ所の蔵、主屋を挟んで屋敷の南北には、門と庭園がそれぞれに設けられ、紀の川流域では他に類を見ない規模です。1974年には国の重要文化財に指定されています。2000年から10年をかけた保存修理が完成し、平成22年8月から一般公開されています。(2010.12.24)

 

国指定重要文化財 旧中筋家住宅(和歌山市)

料金一般300円(高校生以下は無料)
時間9:00~16;30(入場は16:00まで)
公開日3月から11月までの間の土曜日、日曜日、祝日
※上記以外の場合でも、観覧希望の1カ月前までに、5人以上の団体からの事前申請により、随時公開します。
駐車場あり(無料)
TEL073-465-3040
FAX073-465-3040
 [ ページアクセス:2503件 ]
カテゴリ内ページ移動 ( 8  件):     1  2  3  4  5  6  7  8    
※画像をクリックすると別ウィンドウに拡大表示します。
カテゴリ内ページ移動 ( 8  件):     1  2  3  4  5  6  7  8    
地図  [Google Earth] [Google Map]