• きのくに風景讃歌とは
  • お問い合わせ
  • RSS
  • トップ
  • みどころ紀州路
  • ふるさとフォトグラファー
  • 景観まちづくり講座
  • お宝発見ウォーク
  • 景観・まちづくり新聞
  • わかやまワクワク探検隊
  • アーカイブ
  • 景観・まちづくりの関連サイトリンク
  • 溝端コレクション
  • 紀の川流域の文化遺産を活用した地域活性化事業
みどころ紀州路
ホーム >  みどころ紀州路 >  紀南 >  古座川町 >  一枚岩 >  嶽ノ森山

嶽ノ森山

 国指定天然記念物「古座川の一枚岩」の対岸にそびえる「嶽ノ森(だけのもり)山」は、山と渓谷社の関西百名山にも選ばれたトレッカーに人気の山です。「雄岳」と「雌岳」の急峻な2つの岩峰からなる双耳峰で、最も高い雄岳の標高は376m。雌嶽の山頂下の熊野花崗斑岩の岩場は雄岳から眺めると、人の巨大な横顔に見えることから「巌(いわお)のジャイアント」などと呼ばれています。

 一枚岩と同じ流紋岩質火砕岩(地元名:宇津木石)からなるナメトコの沢登り、熊野の主峰・大塔山から那智連山、太平洋まで360°のパノラマ展望が楽しめる急峻な山頂、熊野花崗斑岩の絶壁、そして希少植物が多い生物相と、低山ながら地質学的にも生物学的にも変化に富んだ楽しめる山です。険しい山容のため、大正時代頃までは修験者の行場でもあったようです。日本の地質百選の「古座川弧状岩脈」に属し、古座川県立自然公園の特別指定地でもあります。(2012.3.3)

 

古座川町観光協会・嶽ノ森山コースマップ

 [ ページアクセス:2390件 ]
カテゴリ内ページ移動 ( 9  件):     1  2  3  4  5  6  7  .. 9    
嶽ノ森山遠望
ステップが刻まれたナメトコ沢
雄岳山頂から雌岳を望む
※画像をクリックすると別ウィンドウに拡大表示します。
カテゴリ内ページ移動 ( 9  件):     1  2  3  4  5  6  7  .. 9    
地図  [Google Earth] [Google Map]