• きのくに風景讃歌とは
  • お問い合わせ
  • RSS
  • トップ
  • みどころ紀州路
  • ふるさとフォトグラファー
  • 景観まちづくり講座
  • お宝発見ウォーク
  • 景観・まちづくり新聞
  • わかやまワクワク探検隊
  • アーカイブ
  • 景観・まちづくりの関連サイトリンク
  • 溝端コレクション
  • 紀の川流域の文化遺産を活用した地域活性化事業
みどころ紀州路
ホーム >  みどころ紀州路 >  紀南 >  串本町 >  熊野古道・大辺路 >  牟礼山(和深富士)

牟礼山(和深富士)

  串本町和深に「牟礼山(むれさん)」という標高366mの円錐形の山があります。その美しい形から俗に「和深富士」とも呼ばれ、和深の人々のほとんどは学校の遠足で登った経験があり、校歌にも歌われるほど地元のシンボルともいえる存在になっています。

 山頂には嘉永元年(1848年)の年紀が刻まれた石造りの祠と石灯籠があり、かつては信仰の対象だったことがうかがえます。今はスギやヒノキの植林が育って展望がきかなくなっていますが、海に向かって開けた場所からは、串本町の中心部や潮岬が一望できます。

 登山口は林道和深~鶴川線の和深側出口付近の林道案内板が目印となります。その近くの山に入る細く曲がりくねった舗装道を上がり、その突き当たりが登り口です。(2011.10.31)

 [ ページアクセス:2085件 ]
カテゴリ内ページ移動 ( 71  件):     1 ..  35  36  37  38  39  40  41  .. 71    
和深中学校跡から見る牟礼山
山頂にある祠と石灯籠
山頂からの眺望
※画像をクリックすると別ウィンドウに拡大表示します。
カテゴリ内ページ移動 ( 71  件):     1 ..  35  36  37  38  39  40  41  .. 71    
地図  [Google Earth] [Google Map]