• きのくに風景讃歌とは
  • お問い合わせ
  • RSS
  • トップ
  • みどころ紀州路
  • ふるさとフォトグラファー
  • 景観まちづくり講座
  • お宝発見ウォーク
  • 景観・まちづくり新聞
  • わかやまワクワク探検隊
  • アーカイブ
  • 景観・まちづくりの関連サイトリンク
  • 溝端コレクション
  • 紀の川流域の文化遺産を活用した地域活性化事業
みどころ紀州路
ホーム >  みどころ紀州路 >  記事一覧 >  紀南 >  熊野古道・大雲取越小雲取越
熊野古道・大雲取越小雲取越(13 件)
上のカテゴリへ地図表示
並び替え|日時 |ヒット数|現在の並び: 日時 (新→旧)
1 - 10 件目 ( 13 件中)   前 1 2
タマネギ状風化 高ヒット
タマネギ状風化
2012/2/13 16:43   [ アクセス数: 6306件 ]
 熊野古道大雲取越ルートに沿う林道を歩いていると、掘削された法面に巨大な卵状の岩石が多数見られるのに気づきます。まるで土から卵が生まれようとしているかのような面白い風景です。 これは地質学で「タマネギ状風化」あるいは「タマネギ状剥離」と呼ばれる風化現象で、昼夜の温度差によって花崗岩などの条理に沿って、まるでタマネギを剥くように丸く石が...
狩場刑部左衛門寄附山林碑 高ヒット
狩場刑部左衛門寄附山林碑
2012/2/12 23:49   [ アクセス数: 2681件 ]
 那智高原公園から熊野古道大雲取越への入口に「狩場刑部左衛門寄附山林」と刻まれた石碑が建っています。これは昭和10年(1935年)色川村外二ヶ所組合によって建立され、この地の198町歩(約198ha)の山林が「狩場刑部左衛門」によって寄附されたものであることを顕彰する目的で建てられたものです。 狩場刑部左衛門(かりば ぎょうぶざえもん)とは、中世に熊野の山中...
理想の山彦、尾切地蔵の山彦 高ヒット
理想の山彦、尾切地蔵の山彦
2011/4/30 23:41   [ アクセス数: 1884件 ]
新宮市熊野川町長井、熊野古道「小雲取越え」尾切地蔵の前で「ヤッホー」と叫ぶと「ヤッホー」と理想的な山彦が返ってきます。和歌山では幹線道路の多くが谷道になっています。幅の広い谷には民家が並び、山彦をさえぎります。民家がない幅の狭い谷では「ヤッホー」の山彦は体験できません。皆さんがよくご存知の「ヤッホー」と叫んで「ヤッホー」と返ってくる山彦...
小和瀬の渡し跡と尾切地蔵 高ヒット
小和瀬の渡し跡と尾切地蔵
2011/4/30 23:34   [ アクセス数: 2182件 ]
小口自然の家を出て、杉の巨木に混じって山桜もある隣の小口高倉神社という産土神さまの脇を通り、小雲取越えに出発です。林道を10分ほど歩くと、小和瀬の集落です。江戸時代は赤木川を渡し舟が往復していました。その渡し場跡に休憩所が建てられ、清潔なトイレもあります。以前はつり橋でしたが、今は立派になった小和瀬橋を渡るとすぐに、小雲取越え登り口です。少...
桜茶屋跡休憩所と桜峠 高ヒット
桜茶屋跡休憩所と桜峠
2011/4/30 23:18   [ アクセス数: 2406件 ]
尾切地蔵を過ぎ、山道に入るとすぐに椎の木茶屋跡、ここから急な坂道になり、50分ほど登ると桜茶屋跡休憩所に着きます。この茶屋は明治の末までここにありました。その昔山桜が多く自生していたのでこの名前がついたと言われています。この茶屋跡から眺めも素晴らしいものです。見下ろすと小口の集落と赤木川の蛇行した流れ、そして目を転ずると越前峠、大雲取山が壁...
賽の河原地蔵と石堂茶屋跡休憩所 高ヒット
賽の河原地蔵と石堂茶屋跡休憩所
2011/4/30 23:09   [ アクセス数: 1906件 ]
桜峠を過ぎ、下りの多い尾根伝いに約30分歩くと石堂茶屋跡休憩所です。江戸時代には茶屋が2軒あったそうです。近くで砥石が採れることから石砥茶屋とも呼ばれていたようです。また、吊り天井の仕掛けで旅人を殺害して金品を奪ったと言う物騒な話も伝わっています。この休憩所から10分ほど歩くと右手に小さなお地蔵さんがあり、その前に何故か小石が積上げられていて...
百間ぐら 高ヒット
百間ぐら
2011/4/30 23:01   [ アクセス数: 3504件 ]
賽の川原地蔵から尾根道を約40分足らずで、小雲取越えで一番眺めの良い「百間(ひゃっけん)ぐら」に着きます。北西方向に視界がひらけ、はるかに「果無山脈」「大塔山系」が連なります。しばらく眺望を楽しみましょう。後は下りです。約25分で伊勢路への分岐点「万才(ばんぜ)の峠」、そしてすぐ松畑茶屋跡です。熊野川の眺めが時々現われる道を一時間ほど下ると請...
楠の久保旅籠跡休憩所 高ヒット
楠の久保旅籠跡休憩所
2011/4/30 22:53   [ アクセス数: 2177件 ]
急な胴切坂を2.5km(約50分)下ると楠の久保旅籠跡(くすのくぼはたごあと)の休憩所に着きます。膝がガクガクします。昔はこの山深い楠久保に数十軒もの旅籠があったそうで、はるか北に見える小雲の桜茶屋を見せてここに泊まっていくよう客を引いたそうです。昭和35年以降、さすがに人は住まなくなりました。この休憩所で一息ついて、比較的緩やかな坂を30分下ると円座...
大雲取越の雰囲気が手軽に楽しめるコース 高ヒット
2011/4/30 22:31   [ アクセス数: 1506件 ]
熊野古道で、熊野那智大社から熊野本宮大社にいく道の「大雲取越・小雲取越」、特に大雲取越が一番の難所です。一日では行けず、約8時間の険しい大雲取越を踏破した後、小口の自然の家で宿泊して疲れを癒し、翌日「小雲取越」に挑むのが一般的です。しかし、このちょっと行けない大雲取越の雰囲気を味わえる、小口をスタート・ゴールとした約3時間の手軽なコース...
大雲取越最大の難所 高ヒット
大雲取越最大の難所
2011/4/30 22:24   [ アクセス数: 1471件 ]
地蔵茶屋を出ると、大雲取越 最大の難所に挑むことになります。石倉峠⇒斉藤茂吉の歌碑⇒越前峠⇒胴切坂(左写真)と大変な難所を進んでいきます。越前峠は熊野古道の最高地点で、標高870m。現在は植林で見晴らしは悪いですが、かっては越前まで見通せたということです。ここから、胴切坂の急勾配を下ります。胴切とは、熊野本宮大社から来てこの坂を上ると横腹...
1 - 10 件目 ( 13 件中)   前 1 2