• きのくに風景讃歌とは
  • お問い合わせ
  • RSS
  • トップ
  • みどころ紀州路
  • ふるさとフォトグラファー
  • 景観まちづくり講座
  • お宝発見ウォーク
  • 景観・まちづくり新聞
  • わかやまワクワク探検隊
  • アーカイブ
  • 景観・まちづくりの関連サイトリンク
  • 溝端コレクション
  • 紀の川流域の文化遺産を活用した地域活性化事業
紀の川流域の文化遺産を活かした地域活性化事業
アルバイト募集について
募集職種:一般事務。週1日・1日7時間。期間:9/18-1/30。時給850円。
お問い合わせは紀の川流域文化遺産活用地域活性化協議会事務局 073-428-2688まで。
 
トップ  >  紀の川流域写真コンテスト
紀の川流域写真コンテスト

紀の川流域写真コンテスト


ふるさとフォトグラファーコンテストについては こちら

紀の川流域写真コンテストチラシ表ふるさとフォトグラファー内に新しく「紀の川流域写真コンテスト」を設け、作品を募集しました。現在は募集を終了しています。

 

~平成25年度 紀の川流域の文化遺産を活かした地域活性化事業~

紀の川流域写真コンテスト 募集要項

 

紀の川流域コンテストは、平成25年度 「紀の川流域の文化遺産を活かした地域活性化事業」の一環として、きのくに風景讃歌の「ふるさとフォトグラファー」の中で実施するものです。

この写真コンテストは、一般観光客が紀の川流域に眼を向けるような、紀の川流域全般の文化遺産と文化遺産以外の地域資源の掘り出しを行い、魅力的なコンテンツをまとめて全国に情報発信することを目的としています。

 

テーマ1「紀の川ビューポイント」

紀の川を遠望出来る絶景ポイント、紀の川から眺める朝日・夕日の絶景ポイント、紀州富士と紀の川の組み合わせのように、あなたが推薦する「紀の川ビューポイント」から撮影した未発表の作品を投稿してください。募集期間中に和歌山県下を流れる紀の川流域を撮影したものに限ります。

 

テーマ2「紀の川流域の文化遺産」

 「紀の川流域の文化遺産」とは、紀の川流域の国 / 県 / 市 / 町指定文化財 ( 建造物・民俗文化財・史跡・名勝・天然 記念物等 ) や近代化遺産等が対象です。

以下に各地域の代表的な文化遺産を示します。

橋本市: 隅田八幡神社の秋祭り、三軒茶屋大常夜燈籠

九度山町:真田屋敷跡(善名称院)、慈尊院、丹生官省符神社

かつらぎ町:宝来山神社、小田井灌漑用水路、丹生都比売神社

紀の川市:粉河寺、旧名手本陣、 史跡紀伊国分寺跡歴史公園 、 粉河祭り 

岩出市:根来寺

和歌山市:友ヶ島砲台跡、岩瀬千塚古墳群 ( 紀伊風土記の丘 ) 名勝・和歌の浦、和歌山城 等 

その他: 万葉歌碑及び万葉歌の詠まれた風景 ( 妹背山・加太等) 等。 

 

国 / 和歌山県指定文化財は、「わかやま文化財ガイド」で検索出来ます。

 

募集期間:平成25年9月5日~平成26年1月31日

 

審査発表(予定):平成26年2月末

 

各賞(予定):テーマ1,2を併せた、応募作品の中から優秀作品を表彰します。

 

□金賞1点 賞金1万円

□銀賞2点 賞金5千円

□入選5点

各入賞作品には、副賞として A4 サイズに額装して写真をお渡しします。

ふるさとフォトグラファーのランクが1ランクアップします。

 

作品展示(予定)

  入賞作品と応募作品の一部は展示を行います。平成26年3月12日~18日 会場 未定

 

応募作品 

デジタルカメラによる作品に限ります。1000 万画素以上で JPEG の最高画質で撮影されることを推奨します。 応募時は 600×800 ピクセル程度で結構ですが、入賞作品については、オリジナルの画像データを提出して頂きます。

その他は、ふるさとフォトグラファーの利用規約に準じて行います。

 

お申込みはこちらから

 

ふるさとフォトグラファーコンテストについては こちら

前
紀の川流域だより VOL.1を発行しました。
カテゴリートップ
TOP
次
加太万葉故地歩き