• きのくに風景讃歌とは
  • お問い合わせ
  • RSS
  • トップ
  • みどころ紀州路
  • ふるさとフォトグラファー
  • 景観まちづくり講座
  • お宝発見ウォーク
  • 景観・まちづくり新聞
  • わかやまワクワク探検隊
  • アーカイブ
  • 景観・まちづくりの関連サイトリンク
  • 溝端コレクション
  • 紀の川流域の文化遺産を活用した地域活性化事業
紀の川流域の文化遺産を活かした地域活性化事業
アルバイト募集について
募集職種:一般事務。週1日・1日7時間。期間:9/18-1/30。時給850円。
お問い合わせは紀の川流域文化遺産活用地域活性化協議会事務局 073-428-2688まで。
 
トップ  >  歴史講演会「紀の川流域の交通・ 文化 ・ 信仰 ー那賀郡にスポットを当ててー」を開催します。

歴史講演会「紀の川流域の交通・ 文化 ・ 信仰 ー那賀郡にスポットを当ててー」を開催します。


申し込みが定員に達したため、受付を終了しました。(9/13)
  古代において、那賀郡は、紀の国の中心地として重要な役割を果たした地域です。
今回那賀郡内の歴史遺産や、現代に残る習俗(祭り、信仰)等についてお二人の講師からお話いただきます。
講演1
講師:岩鶴敏治氏(日本考古学協会員)
「古代紀の川筋の古墳と古寺」
那賀郡における終末期古墳から白鳳寺院の分布をみることで古代の那賀郡の風景の一端を見たいと考えています。
 
講演2
講師:増田 博氏(和歌山県観光ガイド専門員、紀州語り部)
「粉河寺六月会(粉河祭)と修験の里 中津川村」
粉河祭には各村宮座の一つとして中津川祢宜座が参加する。中津川村は役行者従者、前鬼の子孫の住む村で聖護院の支配下にあった。現在も春の修行は続けられている。粉河祭や修験の道について考える。
 
 
会場:岩出市民俗資料館 2F 大会議室(岩出市根来2306-1)
日時:平成 29 年 9 月 18 日(月・祝)  13:30 ~ 16:30
参加費:無料
定員:70 名(先着順、事前のお申込みが必要です。)
 
 
※平成29 年度文化庁文化芸術振興費補助金(文化遺産総合活用推進事業)
カテゴリートップ
TOP
次
歴史街道ウォーク 古代紀の国の雄・紀氏ゆかりの古墳群を歩く